アアルトに恋をして

温故知新~北欧で感じる和の心

80数年前の建築なんですが、「温故知新」
古きを訪ねて新しきを知るってこの事言うんじゃないかって思ったのでありました。

これって前回の記事でも使った言葉ですが
スウェーデン・フィンランド
アスプルンド師匠にアアルト師匠
両巨匠の建築観るたびにそう思うのでありました

日本の建築やってる人、特に「和モダン」意識して設計していると
アアルトっていう人に恋するようになります

実際現地に行ってみると
アアルトの方も日本に恋してたんじゃないかって
感じたりするんですが
かっこいい北欧デザインを感じる中に確かに和のテイストを感じたりするんです

窓をデザインする

アアルトの製図机を前にして
「窓のレイアウトが自分の設計に似ている」
ってうれしく思ったのはこの旅最大の収穫だったかもしれない

デザインの探訪だったんですが
地震に強い家をめざしている自分の設計手法と共通点があったりする
とまた嬉しい
世界はつながっている^^
また旅に出かけようと思う

松江で新築するなら土地探しからお手伝いするルラクホーム
〒699-1251 雲南市大東町大東1015-8
株式会社 かみしろ
TEL:0854-43-2651
FAX:0854-43-2645

関連記事

PAGE TOP