押入れの除湿はエンドレス?

押入れの除湿は、
すまいにおける悩みごとの定番だったりします。

「あなたの家の押入れ
 水とり○○さんとか入っていませんか?」

押入れの湿気は、
いくら水に変えても取り去ることは出来ないって
知ってましたか?

大手マンションメーカーのマニュアルに
「外壁面に面した押入れはつくるな」
というのがあるそうです。

外壁面に面した押入れは、
ジメジメした押入れとなり、
クレームとなりやすいことから
対策として徹底されてきたものだと思われます。

一見、まったく関係ない話のようですが、
そう
外壁に面していない押入れって
あまりジメジメしないんです。

ということは、
外壁面に押入れをつくらなければ、
押入れの除湿に悩む必要もないって
話になるわけです。

押入れだから湿気ているのではなかったんですね
押入れのジメジメに悩んで
除湿をしている人のほとんどはこう思っているはずです。

「押入れには湿気が多い」 

この思い込みが、
間違ったジメジメ対策をしてしまう
原因だったりするんです。

「でも、水とり○○さんにたくさん水取れるし、
 やっぱ湿気多いわよ」 

と思われるかもしれません。

でも、でも、でも、
先に答えを書きます。

ジメジメする押入れになるのは、
そこに湿気が多いからではなくて、
押入れに温度が足りないからだったんです。

大手マンション屋さんが
外壁面に押入れをつくらないのも、
外壁面に押入れをつくると
寒~い押入れになりやすいからなんですね。

もう少し具体的なお話をしましょう。

うちにおける冬場の家事のお話です。

私の家ではみんながお風呂に入った後、
夜、お風呂の残り湯で洗濯を行います。
数年前までは
そのまま洗濯物を脱衣場に干して寝ていました。

「冬の部屋干しの洗濯物ってなかなかかわかないよね~」
と奥さんはぼやいていました。

同じ日の夜
寝室では、オイルヒーターをつけて寝ています。

「冬場に暖房して寝ると乾燥して、
 朝起きたときのどがカラカラになるのよね」
とやはり奥さんがぼやいています。

同じ冬の日の出来事
同じ家の1階と2階の出来事なのに
かたやジメジメかたやカラカラ。

その後、我が家では洗濯物を寝室に
干して寝るようになりました。

暖房している部屋で洗濯物は加湿機となり、
しかも早く乾く。一石二鳥です。

さて、洗濯物が早く乾いたのは、なぜでしょう?

「寝室の方が、乾燥していて湿気が少なかったから」
では正解とは言えません。

実は、同じ家の中である限り、
脱衣場も寝室も
それほど大きく湿気の量は変わらないのです。

湿気の量は変わらないのに、
片方はジメジメで片方はカラカラってどゆこと???

ジメジメするのは、
そこに湿気が多いからではなく、

先に答えを書いたとおり、
温度が足りないからだったんですね。

以前、
押入れの湿気対策で相談があったお宅では、
押入れの中には水とり○○さんがあり、
暖房された部屋では加湿器が使われていました。

この場合、押入れの除湿はエンドレスとなります。
加湿器から発生した水蒸気は、
押入れの中へと移動し、
水とり○○さんの中に溜まっていくわけです。

取れども取れども押入れはジメジメのまま、
部屋はカラカラのままとなります。

重要なのでもう一度書きます。

ジメジメするのは、
そこに湿気が多いからではなく、
温度が足りないからです。

このことを理解すると
正しい押入れのジメジメ対策がみえてくると思います。

正しい押入れのジメジメ対策、
それは
「押入れの中を部屋と同じ温度にしてあげること」

たとえば、
襖や建具を開けて、
暖かい空気が押入れの中まで届くように暖房すること

冬の暖房した部屋にある寒い押入れに必要なのは、
あったかい空気だったんです。

水とり○○さんでは解決できないどころか、
部屋をますます乾燥させる憎いやつだったりして・・・。

冬の空気は乾燥しているのに、
押入れはジメジメって・・・
こういうことだったんですね。

松江で新築するなら土地探しからお手伝いするルラクホーム
〒699-1251 雲南市大東町大東1015-8
株式会社 かみしろ
TEL:0854-43-2651
FAX:0854-43-2645

関連記事

PAGE TOP