注文住宅につけないと後悔する設備3選

ルラクホームこと株式会社かみしろのジョウダイです。
今回のテーマは「注文住宅につけないと後悔する設備3選」です。

ルラクホームは、山陰は島根で高気密高断熱でとびっきりの高性能住宅を建ててます。
家づくりのお話進めるとき必要な設備ってなんでしょう
水道、照明、浄化槽(下水道)、換気、給湯、冷暖房、LAN(wifi)、エトセトラ
たくさんありますよね

時代とともに必要な設備って変わってきてるし
とはいえトイレいりませんとかいうわけにもいかないんで
今回は、つけなくても生活はできるんだけど
でもあったほうがいいよね
という設備たちの中から
いまどき
注文住宅につけないと後悔する設備3選をお送りします。

1.太陽光発電

東京都が新築時の太陽光発電の設置を義務化したいとか
えぇ~?!強制するのって反発の声もありましたが
基本そういった流れになるんじゃないかって
思ってました。

僕の家は20年前に載っけたんで
全盛期1kw40円くらいで買い戻してもらってました。
今現在、最初10年の買取価格が1kw17円くらい
ちなみに10年以上過ぎた
うちの余剰電力買取り価格は1kw8円くらい

こうなると自分で使ったほうが断然お得ですよね
全盛期は電力会社さんが買ってくれる価格が
売ってくれる価格の3倍くらいだったんで
太陽光発電が発電した電力って自分で使わずに
買い戻してもらうのが定石だったんです

今は自分で使うための電力を自家発電する
自給自足の電力消費を目標にする
そんな時代になってきたんだと
思うわけなんですよね

2.換気のできる換気システム

新築時の24時間換気の設置は義務化されています
ですから換気自体は必須の設備なんですが

実際のところ
スイッチが入っていなかったり
換気扇がまわっていても換気ができてなかったり
ほんとに換気ができてる換気システムって少ない

コロナ禍の中、換気の大切さクローズアップされました
でも本来コロナ禍に関係なく換気って大切です
しっかりと換気できる換気システム
必須項目なんですがこれが以外にもあんまりないんです

トイレとか調理用のだったら臭いとかで
換気ができてるかどうか判断できたりするんですが
24時間換気で本来換気したい二酸化炭素とかって
基本無味無臭です
換気のことは換気のプロまでご相談くださいね

3.浴室・脱衣場の暖房

新築する際、僕のところではこれ必須なんで
あやうく忘れるところでしたが
浴室や脱衣場の暖房って法律的には必須ではありません
でも必須にするべきだよね
って考えてるくらいめっちゃ重要です

いうまでもなくヒートショック対策
裸になるお風呂・脱衣場が冬であっても
家の中で一番暖かい場所であること
これめっちゃ重要です

もったいないなんて思わないで
浴室か脱衣場にエアコンつけちゃえ
ってことで
浴室専用の暖房乾燥機って品薄なんですが
普通のエアコンで十分です

まあ僕のところでは必須なんですが
注文住宅につけないと後悔する設備
いろいろあるけどこれが本命だよね
と、はい
現場からは以上です。

〒699-1251 島根県雲南市大東町大東1015−8
0854-43-2651
ルラクホーム(株式会社かみしろ)

関連記事

PAGE TOP