お風呂の天井なくしたら冬めっちゃあったかくなった

お風呂の天井がない写真みせると、建築の専門家でさえ「湯気でびしょびしょになっちゃうじゃん」とか「カビが生えるにきまってるじゃん」みたいな反応があります。

実際に百年の家に住むお客様からは「お風呂にカビが生えないから掃除が楽」って声がたくさん寄せられます。さて真実はどっち?

1. めちゃくちゃあったかくなった

お風呂の天井なくしたらめちゃくちゃあったかくなったって話。もともとお風呂って裸になるところですからあったかいほうがいいに決まってます。
冬のお風呂では、ヒートショックの危険がたくさん。家の中で一番あったかい場所であって欲しいわけで、百年の家では「お風呂・脱衣場の温度は26℃以上」とみなさまにお伝えしいるところです。

湯舟に浸かってたらあったかいとかではなくて、湯舟から出た後もあったかい必要があるわけです。結果、入浴後のお子さんが服を着ないで遊び始めても「かぜひくから早く服着なさい」って、冬でも怒ることなくなったというのが、百年の家で暮らしているお母さんあるあるです。

お風呂の天井なくしたのは、お風呂が一番あったかい場所であるための進化型形態。ここであったかくなったのは、お風呂も脱衣場はもちろん、リビングも廊下もみんなです。あったかくするには、お風呂の天井ないほうが都合よかったんですね。

ポカポカと湯気の立つお風呂の風景って一見あったかそうに見えるんですが、真実は真逆。浴室の空気が冷えてるから湯気が見えるんです。お風呂の湯舟の中だけでなく、洗い場も脱衣場も、そのあと廊下やリビングだって、あったかかったら湯気は立たない。

あったかいお風呂、その空気を家中で共有する。それができるのが天井のないお風呂なんですよね。入浴中も入浴後もあったかいお風呂、いいですよね。
※注意事項※あったかくない家でお風呂の天井無くすのは危険です。「湯気でびしょびしょになっちゃうじゃん」や「カビが生えるに決まってるじゃん」です。形だけ真似するのはお止めください。




2.冬の加湿力が違う

お風呂の天井をなくすとと、湯気でカビだらけになっちゃうんじゃないかって話。お風呂の湯気が見えないあったかいお風呂って、なんか乾燥していて寒いんじゃないのって思われるかもしれませんが、イメージとは違います。

冬の空気はそもそも乾燥していて、加湿せずに暖房だけするとますます乾燥します。湯気が立ってるのって、潤ってますって感じなんですが、逆に湯気が立つほど空気って乾燥します。湯気のたたないクリーンであったかい空気の方がはるかに潤っているんですよね。

百年の家では温度と一緒に湿度をコントロールしやすい家づくりをしています。夏は除湿がしやすくて、冬は加湿がしやすい家なんですよね。お風呂の天井なくすことができたのも、あったかくて湯気のたたないクリーンなお風呂の空気を知ってたからなんです。

お風呂の天井なくすことで、冬の加湿が楽になりました。ただし、湯気のたたないあったかい空気というのが肝心。湯気が立つと空気って除湿されちゃうので、湯気が立つ空間では、加湿ってむずかしいんです。

湯気がたたないあったかいお風呂であったなら、天井にカビも生えないし、家全体の加湿にも役立って一石二鳥。冬の間に一度体感してみてください。



3. カビ掃除がいらなくなった

お風呂にカビが生えなくなったら、カビ掃除がいらなくなるわけです。百年の家に住んでいるお客様からは「めっちゃ楽」って、喜びの声いただいています。

カビが生えやすい3条件①温度②湿度③皮脂とか石鹸カス、ですから、カビ対策としては、お風呂つかい終わった後、油脂や石鹸カス洗い流して、水きれよく乾燥させて、低温にしなかったら、カビ自体繁殖しにくいっていわれています。

百年の家では、お風呂の天井をなくしても、その上の空間も湿気ないようにする。空気の流れまで設計しています。そもそもお風呂の天井はないので、そこにカビは生えないし、その上の空間も大丈夫。

一般的に、カビとかピンクのぬめりとかの常在菌は、すみっこが大好きです。お風呂の壁と床の際に一番多くいて、次が、お風呂の壁と天井の際、下のほうの手の届く範囲は、だいたいお風呂使い終わったら、みんな洗い流してると思うんですが、壁と天井の際っていうと洗い流してるひと少ないかもしれません。

気がついたときには、壁と天井の際にカビが生えてたりする。お風呂の天井をなくしたら、その壁と天井の際、湿気がこもったりしないから、カビが生えない。だから高っかい所のカビ掃除もいらない。めっちゃ楽なわけです

「お風呂掃除でいちばん大変な事はなんですか」ってアンケート見たんですが、一番大変なのは「カビ」の掃除。って68%もの方が回答されていました。ですよねって感じですよね。

天井のないお風呂なら、掃除ってめっちゃ楽。実際、お風呂使い終わった後、普通に掃除して洗い流す。百年の家のお風呂の環境って、乾きもいいし、水切れもいい。すみっこといえども水気が残りにくい。ナチュラルに乾きがいいので、ほんとお掃除がめっちゃ楽になるわけです。

それを可能にするために
ルラクホームは、山陰は島根で高気密高断熱で
とびっきりの高性能住宅を建ててます。



〒699-1251 島根県雲南市大東町大東1015−8
0854-43-2651
ルラクホーム(株式会社かみしろ)

関連記事

  1. 島根県松江市ルラクホーム断熱材実験
PAGE TOP