床暖房の燃費

暖房の話で毎年する定番のネタなんですが
「1階に床暖房はもったいないよ」って話ふたたびです

実は
わが家の1階のリビングには床暖房ついているんですが
もったいない話であります

わが家にもついてるとおり
床暖房って結構人気あります

足元スースーするのっていやですもんね
冬リビングの足元が暖かいと幸せです
ですから人気あるんですが

問題はその燃費です
それを取り巻く断熱性能にもよりますが
基本的にロスの大きい暖房なんです

人が暖かさを感じるのは「熱」によるものです

熱の伝わり方には「伝導」 「対流」 「輻射」と3種類あって
暖房っていうのは
この3つの熱の伝わり方がミックスされてます

たとえば
ファンの付いてない石油ストーブ
火をつけて鉄板のうえにやかんが載ってる状況

ストーブに触ると熱いです(やけどしちゃいますからさわっちゃダメですよね)

この「熱っ!」てのが「伝導」で感じる熱です
だからやかんも熱くなります。
(ちなみにやかんの中の水がお湯になるのは「対流」です)

ストーブに近づくと暖かいです
これは熱くなったストーブから「輻射」熱をもらうからです

イメージしてみてください
「輻射」熱というのは離れていてもとんでいくビームです
目に見えないスペシウム光線がこっちに飛んでくるイメージです

でこのスペシウム光線
距離が近いほど伝わりやすいですし
温度差が大きいほどあたたかく感じます

この温度差というのが重要です
めっちゃ重要です

めっちゃというのを数字でいうと4乗に比例して重要なんですが
むずかしい数字は置いとくとしても

輻射熱というのは
スペシウム光線を出してる方と受けてる方の「温度差」で
暖かさの感じ方がめっちゃ違うもんだと覚えておいてください

床暖房の設定温度って40度前後です
うちの床暖房であれば床面を38度くらいにしてます

人間の体って36度くらいですよね

温度差2度くらいですから
スペシウム光線の威力ってめっちゃよわいってレベルの「輻射」熱なんです

床暖房って結構燃料食べるんですが
輻射熱の威力としてはめっちゃ弱いレベルなんです

じゃなんで人気があるか
それは床暖房の入っていない床の温度の性みたいです

冬の床面ってストーブがついていても13度ぐらいだったりします
(まあその家の断熱性能によって大きく違うんですが)

人36度に対して床13度だと
スペシウム光線を出すのが人のほうになります
熱を奪われるから冷たく感じるんですね

それにくらべて床暖房ときたら
威力は弱いにしても熱奪いませんから
あたたかく感じる

というか
直接足が触わってるわけですから
輻射+伝導です
めっちゃあたたかく感じるわけです

じゃあ
燃費のワルイのさえ我慢すればいいもんなんだ
というかというと
床暖房というのは燃費の悪い暖房です。
と同時に
暖房としては、主役になれない暖房であるように思います

一般に
床暖房だけで暖房しているひとって少ないですよね
なんらかの補助暖房
というか
床暖房のほうが補助暖房って感じでしょうか

おさらいで書いたとおり
足が触れている部分はあたたかく感じるんですが

輻射熱の恩恵というのはごくわずかですから
部屋全体温めるというのには能力不足のようです

部屋全体あたたまるほど床暖房で暖かくしようと思ったら
すごいエネルギー消費しますし
そこまで熱を上げると
接触している足の裏は
暖かいを通り越して熱いと感じることでしょう

実際にしっかりと床の断熱ができている
最近の住宅における冬場の見学会において
お客様の反応を見ていると

エアコン等で暖房している状況で
室温や床表面の温度が18度くらいだと
「寒いとは感じないけど、なんか足元スースーする感じがする」
というのが代表的な感想ですが

室温や床の表面温度が20度から22度くらいになると
「床暖房はいってるんじゃないですか」
とか
「床暖房ってなくても大丈夫ですね」
といった感想にかわります
(感覚って個人差ありますから例外もありますが)

何がいいたいか
「床暖房いれて36度から40度くらいまで床面温度をあげなくても
 床面をしっかり断熱して22度くらいにできれば寒くは感じない」
ってことです

理想の暖房というのは、
「寒くも熱くも感じない
  ちょうどいい温度にすること」
だと思うんですが

そのために必要なのは
主役となる暖房をしっかりとサポートできる技術
そう思うところなのでありました

床暖房ってかなり贅沢なギャラが必要な脇役さんかも

松江で新築するなら土地探しからお手伝いするルラクホーム
〒699-1251 雲南市大東町大東1015-8
株式会社 かみしろ
TEL:0854-43-2651
FAX:0854-43-2645

関連記事

PAGE TOP