建築家の考える平屋の良いところ3選

松江で平屋ならルラクホーム

ルラクホームこと株式会社かみしろのジョウダイです。

今回のテーマは「建築家の考える平屋の良いところ3選」です。

高気密・高断熱でとびっきりの高性能住宅を建ててます。

先日画像や動画でも「あこがれの平屋ライフ」って紹介しているんですが、平屋っていいですよね。

地価が高くなくって広い敷地が確保しやすい田舎にあっては、実際によく聴くご要望でもあります。

そんなわけで今回は、「建築家の考える平屋の良いところ3選」をお送りします。

1.階段がいらない

なにあたりまえのことをと思われるかもしれませんが、平屋の最大のメリットはバリアフリーデザインとの親和性です。

まあ単純に階段がいらないってことです。まんまです。

2階がないから階段を上らなくていい。

うちでは玄関も部屋と同じ床高さにしてますんで、基本家の中に入ったらほんとバリアフリー、

玄関建具をあけて家の中に入るまでにスロープあればルンバだって外出できる。

健康のためにとか、運動のためにとかは、ぜひとも外にでかけてもらうとして
ルンバが動いてるときは、玄関建具の開け放しに注意しましょう。

家の中で上下の動きが少ないということは、メッチャ健康に良いことなのです。

数年前に家と健康のセミナーで教わった話の請売りではありますが、起床時の注意点。
「寝た状態から起立姿勢になるときは心臓に負担がかかるから慎重に」ってものです。

そこまでって思ったのですが、上下の動きは少ないほうがいいって覚えておいてください。からの平屋っていいよねって話でした。

2.温度もバリアフリー

家の中の空気は、多かれ少なかれ対流します。

冬であれば、温められた空気はうえにむかい、かわりに冷えた空気が下へむかう。ダウンドラフトってやつ。
夏であれば、冷房した空気は下に留まりやすく、上の方はあちーってなりますね。

単純にいって平屋よりも2階建てのほうが、上下に長いので、上下の温度差ができやすい。

 というわけで、平屋のほうが、上下の温度差が発生しにくいということです。まんまですが
ただし、平屋でも小さな部屋に小分けした間取りであれば、どうしても横方向で部屋間の温度差はできやすくもなります。

雲南市で家を建てるならルラクホーム
部屋間の空気の流れも設計された開放的な間取りの平屋が最強なのかもしれませんね。

3.腰のすわった力強さ

うちでは耐震等級3という耐震性能を設計の標準としています。

耐震設計する上で平屋って有利なかたちなんです。

これも単純な話なんですが、重心が低いこと。

うえに2階が載ってないので、基本的に家全体の重さが軽いこと。

地震に耐える上で重さが軽いくて重心が低いってとっても有利な条件となります。

腰の低い力士が相撲が強いよねって理屈です。どっしりと腰のすわった平屋は耐震性能も確保しやすいって話なんです。

余談ではありますが、どっしり構えた腰の低いフォルムは、外観的にもシャープな収まりになりやすく、シュッとしたデザインはばえるんですよね。

〒699-1251 島根県雲南市大東町大東1015−8
0854-43-2651
ルラクホーム(株式会社かみしろ)

ルラクホームの家づくりが体感できる見学会はこちら

関連記事

  1. 島根で新築ならルラクホーム
PAGE TOP