夏の暑さを乗り越える家の工夫3選

今年の夏は40年に一度の異常気象だとか。
とにかく暑い。半端なく暑いです。
家の中でもとにかく暑くてたまらない
エアコンをつけてもすぐには涼しくならないし
窓を開けても熱風が入ってくる
汗流そうと思ってシャワーしても
お風呂上がりすぐに汗ばんでしまう
どうにかしてこの暑さをしのぎたい!
がまんして家の中で熱中症なんていやだし
暑さのせいで寝不足なんて続けてたら
家族の健康も守れない
冬のヒートショック対策も大事ですが
夏の暑さ対策もとっても大事

というわけで
今回のテーマは「夏の暑さを乗り越える家の工夫3選」です。

1.日射遮蔽で暑さをブロック!

まずは誰でもできる日射遮蔽
とくにグリーンカーテンの活用が一番効果的
家の中へ入ってくる熱の大半は窓から
カーテン・ブラインドでもいいのですが
窓のバリアは、室内側よりも外側に
したほうがより効果的
よしずやすだれ、オーニングなどが効果的です

その中でも特に効果的なのがグリーンカーテン
暑くなる前GW頃からの準備が必要ですが
グリーンカーテンの設置ができれば
日射遮蔽はもちろん
水を吸い上げ、冷却までしてくれる
最強の窓まわりバリアとなります。
今年は間に合わなかったという方も
来年はぜひグリーンカーテンで
快適な夏の生活を実現しましょう。

2.風通しを良くして涼しさをキープ!

先日暑くて大変だった日に
同じ町内の山あいの親戚の家で
夕飯いただいたんですが
夕暮れ前のまだ明るい時間にもかかわらず
エアコンついてないし
冷房がついてないのに涼しいんです

家の南側には川が流れていて
その向こうには山があって
窓からは涼しい風が吹き込んできます。
同じ町内なのにこんなに違うんだって
びっくりしたんですが
家の建っている環境や
窓のレイアウトにもよりますが
暑い夏であっても
風通しがいいと涼しいよねってことです
ただし、我が家では窓開けて
風が吹き込んでも
熱風だったりします。

風通しが良ければ夏は快適って
場所によりけりですから
過信なさらぬように

3.除湿でムシムシさよなら!
夏が暑いのは

高温多湿な日本の気候によります

ヨーロッパとか夏滞在していると
気温が40℃以上あったりしても
日陰にはいると日本ほどの暑さではなく
過ごせるじゃんって思うのですが
この差は湿度の差によるものです。

逆に日本の夏、家の中で快適に過ごすには
除湿をしっかりしましょうってことで
湿気を取り除くことで
ムシムシ感を解消できます。

夏の暑さを乗り越える一番の工夫は
「高性能な家に建て替えること」だって
テレビのワイドショーで言ってたそうですが
高性能住宅と言っても
効率よく除湿ができる家かできない家か
その差ってめっちゃ大きくて
高性能住宅を建てるんだったら
効率よく除湿できる家を選びましょう
ということで

家事楽は家族のために
ルラクホームは、山陰は島根で高気密高断熱で
とびっきりの高性能住宅を建ててます。

〒699-1251 島根県雲南市大東町大東1015−8
0854-43-2651
ルラクホーム(株式会社かみしろ)

関連記事

  1. 島根で新築ならルラクホーム
PAGE TOP