暑い夏を過ごしやすくするコツ3選

ルラクホームこと株式会社かみしろのジョウダイです。
今回のテーマは「暑い夏を過ごしやすくするコツ3選」です。

ルラクホームは、山陰は島根で高気密高断熱でとびっきりの高性能住宅を建ててます。
昔は高気密高断熱住宅っていうと
夏は熱がこもって暑苦しそうとかいう人いたりしたんですが、
実際のところはそうじゃないんですよね。

暑い夏を過ごしやすくするのにはコツがあります。
基本、高気密高断熱だから夏暑いってことはなくって、
むしろ夏涼しく過ごすのにも相性はいいんですよね。
冬はとっても寒い山陰だって夏は暑いんです。

そんな訳でとにかく暑い夏を過ごしやすくするコツ3選をお送りします。

1.エアコンは冷房が得意です。

暑い夏を過ごしやすくする最高にして単純な一番のコツ
冷房することです。

冷房となるとエアコンの一択です。
とにかくエアコンは冷房が得意です。

僕の地元では、まちなかから離れて山間部の避暑地的な集落では、
窓を開けて風を入れたり、扇風機の活躍で涼むこともできたりするんですが
そんな田舎にあっても基本エアコンで涼むのが基本になってます。

暑い夏を過ごしやすくするにはエアコンで冷房する。
ベタですけど
うちの家では、日中は25℃くらい。寝るときは28℃くらいで冷やしてます。

暑がりを自称するお客様の家へ夏に訪問したとき、
エアコンを23℃設定で運転しておられたんですが、凍えそうになりました(笑)。

そうそう!家の性能によってエアコンの効き具合って大きく変わってきます。
エアコンの大きさは、電気屋さんで何帖用って選ぶんじゃなく、
家の性能から正しいエアコンサイズをアドバイスしてくれる工務店さんにお願いしましょうね!

2.風通しのいい家は涼しいのか

僕の地元では、まちなかから離れて山間部の避暑地的な集落では、
窓を開けて風を入れたり、扇風機の活躍で涼むこともできたりするんです。

って紹介しましたが
ここのところの暑さって、尋常じゃないんで
正直、僕の住んでるところでは、エアコンなしで乗り切る自信はありません。

うちの家はいい風がはいるからエアコンなしでも大丈夫って
昔はよく聴いたんですが、いまではどうなんでしょう。
僕の感覚でいうと、そのほうが気持ちいいからではなく、
節約のために我慢して
エアコン使わずに頑張ってますって感じかなと。

国の方からも夏の電力節約の呼びかけもあり、
そういった方向に同調される方も少なくないと
想像はするんですが、気をつけましょう!
節約よりも熱中症対策のほうが重要です。

軽井沢とか北海道とかの避暑地で
エアコンで冷房するよりも外の風のほうが気持ちいいってところで
エアコン使いましょうって呼びかける必要もないのですが
もしその風通しが、節約精神からくるガマンであるならば
ガマンはやめましょう!

ガンガンに冷やすのではなく、必要な快適さを確保するための冷房は
熱中症から僕たちを守ってくれる必要経費なんです。

3.気持ちよく汗を流す

汗を流す。

オフロに入って汗を流すってのも気持ちいいんですが
今回は「汗をかく」ほうの気持ちよさです。

人は汗をかくことで体温を正常に保ってます。
汗をかくことでクールダウンできるようになってるんで
汗をかくことはとってもいいことなんです。

かといって暑いところで過ごしましょうと
すすめているわけではありません。

家の中なら一年中半袖半パンでいいじゃないってことで
半袖半パンで気持ちのいい室温に保つのが、理想的。
冷やし過ぎに注意しましょうってことですかね。

長袖着てたら汗かいちゃうじゃんって感じの温度が
気持ちのいいところってことで

汗かき上等、気持ちのいい汗をかきましょうね。

〒699-1251 島根県雲南市大東町大東1015−8
0854-43-2651
ルラクホーム(株式会社かみしろ)

関連記事

  1. 島根松江ルラクホーム緑のカーテン
  2. 島根県松江市ルラクホーム断熱材実験
  3. 松江で平屋ならルラクホーム
  4. 松江で家事楽なおうちならルラクホームの写真
PAGE TOP