オススメの外装3選

今回のテーマは「オススメの外装3選」です。
ルラクホームは、山陰は島根で高気密高断熱で
とびっきりの高性能住宅を建ててます。

寒波襲来も一段落
2年前に新車に更新した除雪機
初出動しました。
これで除雪も一段落となること
願ってます。

先日の明け方
1時間くらい停電が発生
寝室のエアコンつけっぱで寝てるんですが
明け方の急激な冷え込みに
びっくりしたところです。
薄い布団に包まりながら
電気の復旧に拍手しそうになったジョウダイです。
やっぱり
暖房つけっぱはやめられない
ヒートショック・ゼロ社会の実現に
脱衣場・浴室の冬の暖房とあわせて
冬の寝室の温度
ひきつづきあげてまいります

というわけで
今回は「オススメの外装3選」
いってみたいと思います。

1.ガルバってます

外装材のおすすめってありますか
と尋ねられたらまず一番に
ガルバをあげさせてもらいます。

プロが
外装材にもとめるもの5つ選ぶとすれば
「耐久性」
「軽さ」
「火に強いこと」
「水濡れに強いこと」
「デザイン」
といったところでしょうか

そういった基本性能を
どれくらいのコストで整えられるか

提案できる外装材の中で
コスパ最強ですね

デザイン的には好み分かれるところ
ありますが
メタリックな感じが嫌いでなければ
最強の外装材
ガルバがんばってます

島根の田舎では
田園風景の中で赤錆びた鋼板の農作業小屋
とかのイメージがあって
鋼板ってすぐに錆びるじゃんって
イメージあったんですが

逆に田んぼとかつくっておられる人にきくと
「最近の鋼板っていつまでもピカピカだが」
ってガルバの耐候性
よくご存知であったりします。

というわけで
イチオシはガルバリウム鋼板
ガルバ
ガルバってます。

2.「朽ちていく美」無垢の木の風合い

耐候性が大事っていいながら
なんですが
お客様からうかがって
へぇって感心したんですが

「家の外壁も自分と一緒に年をとって
朽ちていく姿も素敵なんじゃないかって
思うんですよ」
って
素直にかっこいい考え方だなって
思いました
朽ちていく美って
アリって
なかなかビルダー側からは
言い出しにくい話なんですが

賞味、最近の家づくりにおいては
外装材が朽ちていても
雨漏りとか耐震性とかいった
家の基本的な性能には
支障がないようにつくってありますんで

出雲大社の檜皮葺の屋根が
60年ごとに葺き替えられるように
定期的にメンテナンスをするか
朽ちて苔むすのも美ってとらえる
感性の持ち主であれば
無垢の木の風合いっておすすめです。
ただし
防火上、法律で制限されることも
プロに相談して
採用を検討してくださいね

3.塗り壁でプロバンス風

しっくいのシロカベ
個人的には大好きなんですが
土蔵とかの白壁の改修とかって
めっちゃ大変なんで
塗り壁ができる職人さん
希少レベルになってきたんで
最近は塗り壁っていうより
塗り壁風ですね

基本、北欧デザインとともに
人気の高い
プロバンス風のデザイン
あっちって
もともと
山の上の方で
そこらへんで切り出した石を
積んでつくった壁を
そこらへんでとれる土で
塗りたくったもので
現地に行って本物見ると
やっぱ塗り壁っていいわぁ
ってそりゃなりますわけです

というわけで
プロバンス風デザイン大好きです
って言ってる立場上

やっぱ塗り壁も外せんな
となるわけですが
基本
日本の家は木造ですので
塗り壁にするには
結構手間かけないと
いい仕事になりません
こっちも
プロにご相談ください

はい
現場からは以上です。

人気の外観を紹介したブログはコチラ!
どれもガルバ×無垢の木が映えています。

〒699-1251 島根県雲南市大東町大東1015−8
0854-43-2651
ルラクホーム(株式会社かみしろ)

関連記事

  1. 島根松江ルラクホーム緑のカーテン
  2. 松江で家事楽なおうちならルラクホームの写真
PAGE TOP