節電VS熱中症

福島の原発事故に端を発した省エネルギーへの機運が高まっていますね

・現在ある原発を引き続き安心して使えるのか

・点検中の機器再稼働が必要かどうか

・新しい原発の開発が必要かどうか

・はたまた順次全部やめちゃうのか

・やめちゃった場合電力供給は安定して確保されるのか

・化石燃料の永続的な確保は可能か

いろんな課題を含みながら方向が決められていくんでしょうが
なにはともあれ
使用するエネルギーの総量を削減していく努力ってのは
原発やめるやめない別にしても
全国民上げて取り組んでいかなきゃならない課題であるって
思います


この夏
「エアコンの使用量を控えましょう」的な
節電が
全国上げてクローズアップされているようで
節電は大事なことなんだと承知しています

大阪の橋下知事は
「緊急時には関西の住民にエアコンの一斉停止を求める」
とかいう案を提案したりしてましたね

節電が大きくクローズアップされるこの夏
ひとつ注意しておきたいポイントがあります

「熱中症」

昨年の猛暑もありすっかり市民権を得た感のある言葉ですが

昨年の夏、全国で熱中症で医療機関に搬送された人数は延で5万人超
今年の夏もここ3週間で700人近い数の人が搬送されているそうで

去年の夏と今年の夏
どちらが熱いか定かではありませんが
ひとついえるのは今年は「節電」というキーワードがあるっていうこと

エアコンの自粛が熱中症の数を増やす
という事態は実際に起こりうる問題ですよね

節電、エアコンの自粛、省エネ意識の向上
これはすばらしいことなんですが

命がけの節電というのはおすすめできる話ではありません
実際、熱中症で命を落とす人の数は、年間数人とかいう数じゃなく
数百人とか千人単位の年もあります

この場合ガマンは美徳ではありません
ヤセ我慢はやめて
健康を維持できる範囲で節電に取り組みましょうね

ガマンしなくても「エアコンを使わない夏」
グリーンカーテン早く育たないかな

松江で新築するなら土地探しからお手伝いするルラクホーム
〒699-1251 雲南市大東町大東1015-8
株式会社 かみしろ
TEL:0854-43-2651
FAX:0854-43-2645

関連記事

PAGE TOP