主婦が失敗しない注文住宅選びのコツ3選

ルラクホームこと株式会社かみしろのジョウダイです。
今回のテーマは
「主婦が失敗しない注文住宅選びのコツ3選」です。
高気密・高断熱でとびっっきりの高性能住宅を建ててます。そんな中、主婦目線で動線や機能を観察するクセついてきたんですが、そんな僕はクセの強い設計をしているのかもと思いつつ、そのクセにはわけがあるんですってことで、主婦が失敗しない注文住宅選びのコツ3選お送りします。

1.冬の朝、起きるのが楽な家

冬の朝、すっきりと起きられますか?僕は低血圧だし起きるの苦手です。とはいえ以前に比べるとずいぶんと朝、すっきりと起きられるようになりました。僕の家は、20年前に建てた性能の高くない家なんですが、寝室も暖房しています。寝ている間も暖房してます。
9年前くらいでしょうか。日本の冬、寝室の温度調査したデータが公表されました。驚くことに寝室の温度は、10℃前後で寝ている人が一番多かったんです。中には5℃以下の室温で寝ている人までいるんです。これって現在も大きく変わってないように思えます。
寝室を暖房している人って意外と少ないんですよね。深夜から明け方が一番寒いのに、高級羽毛布団とかかぶっちゃえば部屋は寒くてもいいとか思ってるんでしょうか?
ルラクホームでは、家中の24時間暖房をおすすめしていますが、高性能じゃない住宅では家中暖房ってめっちゃ大変です。でも、そうじゃない家でも必要な暖房はしっかりしたほうがいいんです。
「冬のヒートショック対策しましょう」ってずいぶんメジャーになってきた感はあります。お風呂や脱衣場のヒートショックのリスクは、ずいぶんと認知されてきた感がありますが、夜寝るときの部屋の温度ってのもめっちゃ重要なんです。寝ている間も人間って呼吸してます。肺に空気は届いてるんです。そもそも健康を守るために暖房してるんです。そのためには吸い込む空気の温度をあったかくしておくことが重要。寝ている間の数時間吸い込む空気が低温だったら、ヒートショックリスクです。
私が冬の朝、以前より起きるのが楽になったというのは、寝室も24時間暖房するようになってからです。今年の冬一番冷え込んだ日の朝方も、うちの寝室は23℃。この温度のおかげで幸せな朝を迎えられます。
失敗しない注文住宅選び1つ目のコツは、「朝起きたときの寝室の温度って何℃くらいですか」って肌感のすり合わせです。23℃くらいですねって住む人も建てる人も共通認識になってくれる日までこの質問しつづけましょう。

2.部屋干しで洗濯物がカラリと乾く

部屋干しで洗濯物がカラリと乾く。ここ試験に出ます。百年の家projectでは、家造りの中で「防湿」が大事だよってことをとっても強調しています。一般的な家造りにおいて非常に軽視されがちな「防湿」の大切さをよく理解しているからなんですよね。
さて、防湿とは「冬は家の中の水蒸気を外に出さないための技術」であり「夏は家の中に外からの水蒸気を入れないようにするための技術」といえます。ざっっくりですけど夏と冬では真逆のこと求められるわけです。
日本中の空気は、基本、冬はカラカラで、夏はジメジメです。家の中を快適な温度と湿度に保とうと思ったら、冬は暖房と加湿が、夏は冷房と除湿が必要になります。いずれにしてもそこにしっかり「防湿」ができているかどうかがとっても重要です。
部屋干しの洗濯物から話がそれたように見えますが、洗濯物がカラリと乾くかどうかはこの防湿ができてる家とできてない家では大きな差が出ちゃいます。
まあ防湿ができてると暖房するにしても冷房するにしてもとっても効率が良くなっちゃうんでやってるほうからすると当たり前の話なんですが、残念ながら防湿ができてる家かどうかは、出来上がってしまうと目には見えないものなんですよね
はい。2つ目のコツは、部屋干しで洗濯物がカラリと乾く=暖房や冷房の効率をチェックするポイントであり、防湿ができているかどうかを確認するポイントであるってことです。
ちなみに部屋干しの洗濯物は、暖房しているゾーンに干しましょうね。

3.匂いが気にならない

新築したときの24時間換気が義務となったのは、2003年のことなんですが、それ以降にたった家でも24時間換気がきちんとできているかどうかは、?だったりします。
コロナ禍になってから換気の重要性は、メディアでもたくさん取り上げられています。が、きちんと換気するのって簡単のようでむずかしい。コロナ禍以前に、冬大勢で無煙ロースターとかのない焼肉屋さんで大勢で室内焼き肉していました。当然、煙モワモワ、焼き肉臭充満で、換気扇まわそうぜとなったのですが、なかなか部屋の空気は入れ替わりません。そりゃそうです。冬なんで寒かったから、窓全部閉めてましたし、吸気口もなかったため、出すほうのファン一生けん命回しても、新しい空気がはいってこなかったら、空気は全然入れ替わらなかったって話なんです。
3つ目のコツ、換気はむずかしいけど、換気がしっかりできてる家は空気がきれいで匂いが気にならないんです。家の中で焼き肉してもカレー食べても匂いが気にならない。あっ家の中に漂うカレー臭って個人的には好きですけどね

関連記事

  1. 島根で新築ならルラクホーム
  2. 島根松江ルラクホーム緑のカーテン
  3. 島根で注文住宅ならルラクホーム
  4. 島根で新築ならルラクホーム
  5. 島根県松江市ルラクホームリアリティチェック
PAGE TOP